臭い対策に使えるもの

暖かくなってくると、気になるのが体臭です。

様々な臭い対策がありますが、身近な方法で体臭を抑えることができるのでご紹介します。

まずひとつは重曹。

重曹は、エコなお掃除によく使われますよね。
私も、鍋の焦げ付き掃除なんかによく利用しています。

またアクカットやベーキングパウダー、ふくらし粉など食品添加物として使われ、また洗い効力、消臭効力もあることから、近年TVでも巻き上げられることが多くなりました。

洗い効力と肌への刺激が少ないことから、重曹から洗剤をハンドメイドするのが流行っています。

実は重曹には色々な種類があります。

ポイントとして、重曹はメニュースペック、工業賜物スペックと階級が分かれてあり対価に違いがあります。メニュースペックなら全能で安全に使うことができます。

輸入賜物だと作り手法(アンモニアソーダ法)の変更によりアンモニア臭く罹るということもありますので、我が国クリエーター作りのメニュー階級を扱うことをオススメします。
重曹石鹸も全能ではない

重曹石鹸は洗浄力が凄いのですが、肌をアルカリ性にしてしまうという問題があります。

「体躯はすすぎ過ぎてはいけない!」、「石鹸を使わないほうが体躯は臭くならない。」なんてことを聞いたことはありませんか?

清潔にした方が臭いは出ないはずですが、いったいいかなる要所なのでしょうか?

肌は弱酸性に保たれている

肌の常在桿菌ですブドウ球菌は皮脂を分解するため、脂肪酸を生成します。脂肪酸は大量にあると臭気の原因となってしまいますが、汗を交ざるため皮脂膜となり肌をクリーム状に多い、保湿効力や細菌が肌から参戦するのを防ぎます。

そして、皮脂膜は弱酸性であり、臭いにおいの要素を創るイエローブドウ球菌や真桿菌などの増加も防いでいるのです。 多くの石鹸が洗浄力を決めるために弱アルカリ性で、使いすぎるため皮脂膜と一緒に、必要な皮脂まで落としてしまうことが考えられます。

正常な肌の場合は、半程度で酸性に戻るとされておりますが、汗をかき慣れていない個々だと汗に重炭素イオンが含まれアルカリ性の傾向が強くなってしまい、肌でアルカリ性を好むバクテリアが増加してしまうのです。

体の汚れを落とす重曹を使った入浴剤と、入浴後の汗・臭気対処にはミョウバン水が最適です。

重曹入浴剤は日本の各地にいる重曹泉(エステ)と同様の効力を期待でき、アルカリ性のお湯が乳化現象により肌を柔らかくし古い角質をなくし、しみや皮脂を落とし易い状態にしてくれます。

あそこの臭い対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>